2020年11月16日月曜日

ハンドボール部 食事栄養講習 ~勝てる身体を作るために~

 先日秋季大会も終わり、ハンドボールの基礎基本を学ぶ期間となりました。部として足りなかったと感じる部分を補強したり、逆に出来たと感じたことを徹底して磨いたりなど、様々な練習で日々活動しております。

 ハンドボールは秋季大会が終わったあと、次の大会が四月となります。この期間にやるべきこととして、我が部ではアスリートフードマイスターの資格を持つ家庭科の先生に協力してもらい、表題のような食事栄養講習を開講しました。部員はもちろん、日々の食事に協力していただく保護者の方々にもお越しいただき、身体を作るためにはどのような品目を、どのようなバランスで摂取するべきなのか、仔細に教えてくださいました。


 保護者の方々からも、スポーツをする子どもたちの食事に関して新鮮な情報をいただけたということで非常に好評でした。この講座は定期的に数回実施し、食事をとっていくにつれて、身体にどのような変化が生じてきたかを見ていくものとなります。今回は基礎的な内容となりましたが、より深い内容で実施をしていく予定です。

 食事を通して勝てる身体を作り、4月の大会で1つでも多く勝てるように邁進していきますので、応援よろしくお願いします。

2020年11月2日月曜日

2020年度 ハンドボール秋季大会 第2回戦 vs 桐朋女子

 去る11月1日にハンドボール秋季大会2回戦目が行われました。前回の試合内容をチーム全員で反省し、2週間かけて克服をしてきました。対戦相手は桐朋女子高校、前半藤村からスローオフです。最初の攻撃、お互い様子見をしている中で逆エースのステップシュートが炸裂、先制点を取ることが出来ました。このまま勢いに乗れればと思っていましたが、相手の勢いが強く、連続得点を許してしまいます。しかしディフェンスから相手の苦手なところを突き、自分たちの攻撃回数を徐々に増やすことが出来たため、取って取られての応酬。前半終了時には6対8で終えることとなりました。前回の反省にあったパスキャッチミス、退場しないディフェンスを意識してプレイすることが出来たことが大きいと思われます。

 後半は2点差を追う形で桐朋ボールからのスローオフとなります。後半最初の得点は順当に桐朋にとられましたが、ディフェンスが効いているため、すぐに取り返しの応酬が続きました。しかし、後半の中盤、接触での怪我が藤村にあったこともあり、前半のような勢いが出せず、点差がジリジリと開いていく試合展開となりました。部員たちもその場その場の反省を出しながら対応してはいましたが、結果として10対20での敗北となり、ベスト32で終わりました。

 この大会が終わり、次回は4月の関東予選、5月のインターハイ予選となります。今回の反省を生かし、今後につなげ、地力をしっかりと身に着けるべく練習を重ねていきますので、引き続きの応援よろしくお願い致します。

2020年10月20日火曜日

2020年度 ハンドボール秋季大会 第1回戦 vs 都立本所高校

 昨今コロナウイルスによって開催が危ぶまれていた大会が、今回無事に開催されることとなりました。手指消毒の徹底、無観客での実施など様々な制約がありましたが、藤村も無事第1回戦を終えることが出来ました。

 藤村の1回戦目の相手は都立本所高校。昨年度秋季大会で戦ったことのある相手でした。しかしそれは昨年度の話であり、自分たちも相手も世代交代をしています。勝ったことがあると言っても油断はできません。試合前にも『ミスがそのまま敗北につながる』と部員全員に話をしました。

 試合は本所高校からのスローオフです。お互いゆるやかな立ち上がりでしたが藤村のDFカットからの速攻で先取点、立て続けに3連続の得点を決めました。順調に見えたかと思いきや、開始7分、相手の攻めを無理に止めようとしての1発退場をもらってしまい、たちまち雰囲気が一転。相手も警告、退場が嵩みましたが藤村もOFファウルが出てしまい膠着状態になり、前半は7対5で終わりとなりました。

 ハーフタイムの間に選手たちがそれぞれの反省を出し合い、後半に向けての作戦会議をし、勝敗を決める後半が始まりました。後半は藤村のスローオフですが、前半の流れを引きずってしまい、なかなか得点することが出来ず、一時は同点のピンチに立たされました。しかし藤村の粘り強さがここから徐々に発揮されていきます。残り10分の時間帯でお互いが疲れてきたところで相手のミスをうまく拾い、自分たちの得点につなげていきました。結果として後半も7対5、最終的には14対10で無事勝利することが出来ました。

 今回は1年ぶりの大会であり、なおかつ新メンバーで行う初めての試合ということもあったため、基本的なミスが数多く目立ちました。この反省はすぐに改め、チーム全体の課題と目標を新たに設定し、すぐに切り替えて練習に取り組んでいます。次回は11月に入ってからの試合となりますが、その試合もその次でも1つでも多くの勝利を飾れるよう邁進していきますので、引き続きの応援よろしくお願い致します。

2016年10月17日月曜日

秋季新人大会 第1回戦 vs 中大附属

 先日10月16日(日)、秋季新人大会、その1回戦が行われました。

曇り空でコンディションもよく、選手たちの緊張も感じられました。

試合開始直後、久しぶりの試合だったため、緊張のせいかイージーミスを何回かしてしまい、先制点を取られてしまいました。
しかし、時間が経つにつれ緊張もほぐれていき、積極的な1対1やスピードをつけてのカットインなどでどんどん点をとっていきました。
途中、敵が藤村のエースに対してマンツーマンで対策をしてきた後、合計3人にまで付く形となりました。ぴったり付かれて苦しい戦況で、周りもフォローをし合いながら攻め手を止めることなく押し切ることが出来ました。

最終的に23-14で点差をつけての勝利となりました。この勝利をバネとして次の試合にも臨みたいと思います。

2016年9月1日木曜日

平成28年度 私学大会 結果

 8月29日~31日の3日間で予定されていました私学大会ですが、台風10号の影響で29, 30日の2日間は競技できないと判断され残念ながら31日に見送りとなりました。

31日から1試合目に臨むわれらが部員たちは2年生6人, 1年生6人(うち1人怪我)は緊張で表情も固い様子でした。代が変わって初めての大会, 1年生たちは高校生になって初めて選手として出場できる大会なので気持ちの入り方が段違いです。アップをする中でもミスが多く、試合までに緊張が取れることはありませんでした。
そんな中行われた1回戦目、お相手は安田学園です。序盤からこちらはミスを連発し上手く自分たちのペースを作ることが出来ません。それでもふんばり続けロースコアながら優勢を保ちます。後半では2年生の緊張も解けてきたのか動きが格段によくなり、点差を徐々に引き離し、結果としては11-7で勝つことが出来ました。内容としてはあまり褒められたものではありませんがそれでも2回戦に繋げられる試合になってかなと思います。

小休止のあとに挑むのは東京ベスト4である文化大学杉並高校、1回戦の結果から選手たちは挑戦者の意識を取り戻しアップから気合を入れて臨みます。
試合が始まり、まずは2点相手のポストシュートで先制されてしまいましたが、持ち前の1対1の強さを生かし2年生を中心に点を取り返していきます。前半終了時点で5-7、選手たちも手応えを感じつつ後半に入ります。後半も苦しみながら食い下がりますが要所要所を止めきれずゆるゆると点差が離れていきます。
最終的には8-13となりましたが、善戦出来たことを自信として今後の練習に取り組んでいこうとチーム一丸となることが出来ました。

10月には公立高校も交えた新人戦が始まります。そこで良い結果が残せるよう頑張ってまいりますので応援よろしくお願いします。

2016年5月1日日曜日

春季大会兼関東予選大会 第2回戦 vs 東海大菅生高校

先日4月29日に神代高校にて関東予選第2回戦が行われました。



1回戦を僅差ではあるが勝利をもぎ取ることができたので、その勢いを生かして突撃しました。
課題であったディフェンスのマークチェンジに集中し、相手のシュートチャンスをことごとくつぶすことに成功。しかし、相手もこちらに厳しくあたり前半終了時点では6:6で同点でした。
後半にはうまくいっているディフェンスをさらに積極的にし、アタックに次ぐアタックでボールをカットし、速攻で決めることで点差を引き離していきました。





最終的に12:8で勝利。次の3回戦、ベスト16決定戦に駒を進めることが出来ました。


2016年4月18日月曜日

春季大会兼関東予選大会 第1回戦 vs 神代高校

  先日17日(日)に都立葛西南高校にて、春季大会兼関東予選大会の第1回戦が開催されました。

 どんよりと暗く、いつ雨が降ってもおかしくない天気の中、アップをはじめ、試合開始ごろにはポツポツと小降りになっていきました。
 試合内容は普段通りのプレイをしているつもりでも、緊張からか初歩的なミスを連発、相手のディフェンスに苦戦しつつも序盤に取ったリードを守りつつ勝ち越しでハーフタイムをむかえることができました。
 後半ではオーバーステップなどのミスをなくすために、ポジションを変えつつ調整。途中退場を受けながらもチーム一丸流れを作り切り、最終的には18対16のスコアで勝つことが出来ました。大変苦しい試合でしたが、勝ち取った勢いを生かし、翌週24日(日)に八王子東高校にて行われる2回戦を戦っていきたいと思います。 応援ありがとうございました。